コピーライティングは誰にでも身に付けることが出来るのか?

松下です。

今回のテーマは、

「コピーライティングは誰にでも身に付けることが出来るのか?」

です。



私のブログでは、
度々コピーライティングの重要性を説いているわけですが、


「僕にもコピーライティングが書けるようになりますか?」

「こんな私でもコピーライティングを身に付けることが出来ますか?」



というような不安や悩みを抱えている方も、
少なくありません。


ですので今回は、
そんな不安を抱えているあなたのために、

「コピーライティングは誰にでも身に付けることが出来るのか?」

というテーマを書いていきたいと思います。


それでは早速いってみましょう。


コピーライティングは誰にでも書けるようになるのか?

私でもコピーライティングを書けるようになりますか??


このご質問は、
私のところにも結構届くお問い合わせですが、


どうやら、

「コピーライティングは敷居が高い」

というイメージがあるようで、


医者や弁護士になるレベルで考えている方も、
中にはいます。


この点に関して、
私のなりの考えを先に述べさせて頂くと、


レベル的には板前さんや美容師さん、
大工さんのように、

「コピーライティングは、やればやるだけ上達するスキル」

という分野であることは間違いありません。


要するに、

コピーライティングを身に付ける覚悟があるのであれば、
誰にでも身に付けることが出来るスキル。


これが答えになります。


ただ、

技術職である故、
1日や2日では到底マスター出来る代物ではないということは断言しておきます。


板前さんや美容師さん、大工さんも、
知識とスキルを身に付けるために、
数年は必ず修行しますので、


そういった点で、
コピーライティングを身に付けることと、
板前さんや美容師さん、大工さんのような
技術職は一緒だと言えますね。


技術職は反復練習で必ず身に付く

コピーライティングは、
1日や2日でマスター出来る代物ではないと、
先程言いましたが、


かといって、
書けるようになるまで、
何十年も掛かるものでもありません。


ですので、
技術職のように反復練習さえすれば、
誰でもコピーライティングは必ず書けるようになります。


「じゃあ誰にでもコピーライティングはマスター出来るんだね?」


という声が聞こえてきそうですが、



もともと、
コピーライティングには、

「コピーライティング完全マスターの定義」

というものが存在しませんので、


あなたがマスターしたと思えば、
それがあなたのコピーライティングの限界値になるわけです。


ただ、私がコピーライティングを学ぶために購入した
「The Million Writing(ミリオンライティング)」の著者である宇崎恵吾さんの師匠である、
今現在で年収十数億円のコピーライターは、


私からすれば、

「コピーライティングマスター」

ですが、
本人はさらなる高みへ昇るための勉強を止めていません。


これは、料理人などの技術職をしている方で、
共感出来るという方もいらっしゃるのではないでしょうか?


要するに、
コピーライティングや料理人・板前さんのような技術職には、
本人が認めない限り極めたことにはならないわけですので、
「完全マスター」という定義は存在しないないということですね。


本人が自らのスキルを今以上に高めたいと思う限り、
技術職には完全はないんです。


ラーメン屋はレシピを教えて貰うのに数年かかるが、コピーライティングは何年かかるのか?

コピーライティングが技術職である以上、
反復練習すれば誰にでも書けるようになるということは、
ご理解出来たはずです。


では、
コピーライティングを習得する上で、
必ず必要になってくる、
「コピーライティングノウハウ」ですが、


今すぐに誰にでも教えて貰えると思いますか?


例えば、ラーメン屋さんを開業するためにもっとも重要である、
ラーメンレシピ。


そんなラーメンレシピを師匠から教えて貰うには、

「最低でも数年は修行しなくていけない」

というお話を、
あなたも聞いたことがあるはずです。


となると、

「もしかして、コピーライティングも数年間修行をしなければ、
ノウハウを教えて貰えないのか?」


という疑問が湧いてくるかと思います。


ラーメン屋さんの例で説明すると、
技術うんぬんよりも、

レシピという名の「情報」

を得るために、
数年間同じお店で働き、
やっとの思いでレシピ(情報)を手に入れるわけです。


ですが、
私から言わせるとあまりにも時間が勿体無いと思いますね。


昔では何年も修行をしなければ知ることが出来なかったラーメンのレシピ(情報)は、
今となってはお金を払いさえすれば手に入る



のですから。


要するに、
お金さえ支払ってしまえば、
情報が手に入る時代なのです。


ラーメン屋のレシピ(情報)も、
コピーライティングのノウハウ(情報)も、
お金さえあれば、
誰にでも手に入れることが出来るというわけですね。



ちなみに、
ラーメン屋の開業にあたり、
レシピなどを学ぶのに学校があるわけですが、

1週間で38万円

となっています。
かなり高額ですよね。


でも、
38万円支払うことで、
ラーメン屋を開業して、


700円のラーメンを1日50杯、
月に1500杯売れたとしたなら、
月商100万円を超えますからね。


まあ、原価と人件費、水道光熱費で、
ざっくり65%差し引いても、
手元に35万円は残りますので、
年収420万円にはなります。


ここで気になってくるのが、
ラーメン屋の年収420万手に入れるのに、
38万円も掛かったわけですから、


コピーライティングで年収十数億円を稼いであるコピーライターのノウハウは、
いったいいくらするんだ?



100万円?
1000万円?


いやいや。
とんでもないです。


そんな金額ではないです。


コピーライティングで、
年収十数億円を稼いであるコピーライターのノウハウは、


3980円です。


3980万円
じゃないですよ?


「万」は抜いて、
3980円です。


しかも
年収十数億円を稼いであるコピーライターから、
〇〇〇〇というあり得ない特典もついていますので、
まず一度レビュー記事を読んでみて下さい。


コピーライティング教材の虎の巻
「The Million Writing(ミリオンライティング)」


今回は、
「コピーライティングは誰にでも身に付けることが出来るのか?」
というテーマでした。


それではまた。


松下


>無料講座コンテンツ一覧


松下賢治へのお問合せ

・推奨商材の中身をもっと詳しく知りたい
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
”どんな些細な事”でも、
お気軽にお問合せ下さい。


松下へのお問合せはこちら。


松下流“無料”メールマガジン

私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
著作権ギリギリまで惜しみなくお送りするメールマガジンです。

松下流”無料メールマガジン”はこちら(170523)









コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人の画像

管理人:松下賢治

ホテルマンとして11年勤続。

責任者までいったが、将来性に疑問を感じ、自分一人の力だけで稼いでみたいと思い退職して、

ネットビジネスの世界へ参入。
今はアフィリエイトと不動産賃貸業で生活をしています

このページの先頭へ