コピーライティング講座 「文章を書くときに持つべきイメージ」

松下です。

今回の講義は、
「文章を書くときに持つべきイメージ」というテーマです。


文章を書いているとき、
「どんなイメージを持った方がいいのか?」
「どんなイメージを持つべきではないのか?」


その辺りについて、
お話していきたいと思います。


それでは早速いってみましょう。


文章を書く時にやってはいけないイメージとは?

あなたはブログ記事を更新しているとき、
どんな事をイメージしながらまたは、
考えながら書いていますか?

・言いたいことをそのまま書いている
・商品を売り込むように書いている
・特に何も考えないで書いている
・気にしたことも無い


などなど
答えは様々かと思います。


ただ、
ここで挙げた例に当てはまってるとなると、
知らず知らずに恐ろしい結果になることもあります。


危険な文章の書き方とは?

・自分の言いたいことをそのまま書いている
・商品を売り込むように書いている
・特に何も考えないで書いている
・気にしたことも無い



この中に当てはまってしまったのであれば、
恐らく、成約はおろか集客も出来ずにいるはずです。
そして、これらの考え方に共通して言えることは、


「読み手の事をまったくイメージ(考えていない)していない文章」


となるわけで、
そんな文章は、


・成約の取れる文章
・集客が出来る文章



とは言えません。


要するに、
ターゲットをイメージして、
そのターゲットの為になる文章でなければ、

・成約の取れる文章
・集客が出来る文章


は書けないというわけです。


成約・集客の出来る文章とは?

では、

・成約の取れる文章
・集客が出来る文章


というのはどんな文章なのか。


先程私は、


「読み手の事をまったくイメージ(考えていない)していない文章」


では成約・集客が出来る文章
とは言えないというお話をしました。


要するに、
成約・集客が出来る文章というのは、
逆を言えば、

「読み手の事を常にイメージ(考える)する文章」

と言えるわけです。


読み手をどうイメージするべきか?

成約・集客をするには、

「読み手の事を常にイメージ(考える)する文章にするべき」

というお話をしましたが、


どういったイメージを持てば、
読み手の事を考えた文章になるのか、
考えていきましょう。


お勧めイメージ法は、

・マンツーマンの個別セミナー
・披露宴で読む友人代表のお手紙

こんなイメージを持って頂ければ、
読み手の事を常に考える文章である、

「思いやりのある文章」

を書けるはずです。


ここで注意して貰いたいのは、
不特定多数が読むからといって、


まるで選挙活動のような、
目の前を歩いている人達に向けて、
マイクを使って演説をするというイメージは持たないで下さい。


要するに、
多数に向けて書くのではなく、
あくまでも一人に向けて書くべきだということです。


例えば、
あなたの自宅に郵便物が届いたとします。


その郵便物の中に、
手書きであなたの名前が書かれたハガキと、
不特定多数に投函しているであろうハガキでは、


どちらのハガキを読み、
どちらのハガキを捨てますか?



当然、手書きであなたの名前が書いてあるハガキを読み、
不特定多数に投函しているであろうハガキはゴミ箱行きになります。


だから、
広告チラシの成約率は極端に低いというわけですね。


「あなただけに向けられている文章」

という事をイメージすることで、
ゴミ箱行きから、
読み手の注意を引くことが出来るハガキになるというわけです。


ですので、
私はブログ記事では、

「皆さま」ではなく、
「あなた」と書いているのです。

こんな些細な事ではありますが、
こういった小さな積み重ねが、


大きな集客・大きな収益に、
間違いなく繋がっていますので、
是非、参考にしてみて下さい。


以下の講義でも、
コピーライティング(文章スキル)を身に付けるために、
重要な事をお伝えしていますので、
もし良ければお付き合いください。


>「日常から学ぶ」コピーライティング


今回の講義は、
「文章を書くときに持つべきイメージ」というテーマでした。


それではまた。


松下。


推奨商材

コピーライティング教材の虎の巻
「The Million Writing(ミリオンライティング)」


たった1つのスキルだけで5億を稼ぐ男のアフィリエイトコンサル企画
「Copyrighting Affiliate Program」


仕入れ資金ゼロ・専門知識ゼロ・人脈ゼロ・語学力ゼロ 「中古車輸出ビジネス」
「中古車輸出業の実務講座」

松下賢治へのお問合せ

・推奨商材の中身をもっと詳しく知りたい
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
”どんな些細な事”でも、
お気軽にお問合せ下さい。


松下へのお問合せはこちら。


松下流“無料”メールマガジン

私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
著作権ギリギリまで惜しみなくお送りするメールマガジンです。

松下流”無料メールマガジン”はこちら(170307)







コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人の画像

管理人:松下賢治

ホテルマンとして11年勤続。

責任者までいったが、将来性に疑問を感じ、自分一人の力だけで稼いでみたいと思い退職して、

ネットビジネスの世界へ参入。
今はアフィリエイトと不動産賃貸業で生活をしています

このページの先頭へ