「Facebookの活用について」

松下です。

今回は、
「Facebookの活用について」の私なりの考えをお話していきたいと思います。

それでは早速いってみましょう。

「アフィリエイトに活用出来るページ」

まずは、
そもそもFacebookを利用してアフィリエイトをしていけるのか?
という疑問についての私の考えです。


Facebookには、
「個人ページ」と「Facebookページ」があるのですが、


個人ページ(個人アカウント)
・個人名(本名)のみで登録可
・友達申請可 (上限5000人)
・Facebook広告使用不可
・アクセス解析不可 (アクセス数の確認など不可)
・投稿内容はGoogleのインデックス対象外 (Googleの検索結果には出てこない)


Facebookページ (ビジネス・サービス アカウント)
・店舗名やサービス・商品名で登録可能
・友達申請不可
・Facebookページの「いいね」をお勧め出来る
・「いいね」を押すと「ファン」として登録される
・投稿した内容はファンのニュースフィードに表示される
・「ファン」の人数は無制限
・他の個人ページに書き込みはできない (コメントに対しての返信は可能)
・他のFacebookページに書き込みができる
・Facebook広告使用可能
・アクセス解析可能 (アクセス数の確認などが可能)
・投稿した内容はGoogleのインデックス対象 (Googleの検索結果に出てくる)


アフィリエイトに活用するなら、
必然的に広告出稿やGoogleからインデックスされる、
Facebookページ (ビジネス・サービス アカウント)
ということになるわけですね。


「Facebookページの活用法」

Facebookページには、
「いいね」を勧める機能があるのですが、
これがどんな機能かと言うと、


例えば、
「松下美容室」というFacebookページがあったします。


「松下美容室」から「いいね」をお勧めして、
「いいね」を押した人は、
今後、「松下美容室」が投稿した内容がニュースフィードに流れてくるようになるのです。


例えるなら、
「いいね」を押した人は、
メルマガ登録をしたようなもの
で、


「松下美容室」が投稿した内容は、
メルマガとして送られるというイメージですね。


ただ、Facebookを利用した方なら分かるかと思いますが、
Facebookページの「いいね」を勧められて、
押すときというのは、

興味・関心があったというよりも、

「友人・知人からの紹介だったから押した。」

という事が多いと思います。


つまり、
興味・関心は無かったが、
お付き合いで「いいね」を押したというわけですね。


ですので、
元々興味も関心も無かった情報が流れてくるわけですから、


反応率が低いというのは、
言うまでもなく分かるかと思います。


しかも、
投稿した内容がGoogleのインデックス対象になるとしても、


SEOの面で言えば、
今の段階では明らかにブログよりも劣っていますので、


やはり、
ブログでの集客の方がまだまだFacebookよりも上を行く
と言えますね。


Facebookの集客の質という面では、
興味も関心も無い人達も含むて、
頭数を集めるという作業ですので、
「質の高い集客」とは決して言えません。


要するに、
「松下美容室」を例に出すなら、
ヘアーカットやカラー・パーマに何の興味もない人も集めてしまうというわけです。


ですので、あえて興味も関心無い人達を集めて、
ヘアーカットやカラー・パーマに興味を持って貰うように努力するくらいなら、


初めからヘアーカットやカラー・パーマに興味を持っているターゲットに絞った方が、
遥かに効率が良いです。


要するに、
明確なターゲットを定めて、
そのターゲットに向けて情報を発信するべきだという事ですね。



そういった面でも、
やはり、狙ったターゲットを集客出来る、
ブログでの「キーワード集客」に分があるかと私は思っています。


トレンドアフィリエイトのような、
「数がすべて」というアフィリエイトであるならば、
Facebookページを活用する余地はまだあるかと思いますが、


それでも、
サブ的なツールとしてであって、
メインとしては使う集客ツールということには不向きなように思えますね。
(ミクシィのようになる可能性もあるわけですから。)


Facebookの今後

Facebookはまだまだ発展途上のSNSですので、
今後アフィリエイトに活用出来る部分が出てくるかも知れません。


今の現状ではサブ的なツールとして、
自動的に集客が出来るという事なら、
やらないよりはやった方が良いかも知れませんが、


Facebookに時間と労力を掛けるくらいなら、
その分の時間と労力をブログ記事の更新に使う方が良い
というのが私の率直な意見になりました。


今後、
使い道が出てくるとするなら、


Facebookの利用者プロフィールで、
興味のある項目として、
「起業」や「ネットビジネス」などという、
アフィリエイトに関連するキーワードが登録され、
そんなターゲットを自動的に集客出来るツールがあれば是非活用したいです。


ツールが無いにしても、
そんな「起業」や「ネットビジネス」に興味のある人達だけに、
アフィリエイトに関する広告を出すことが出来ますので、
そういった面では活用する余地は十分ありそうですね。


Facebook広告の強みは、

「ターゲットを細分化出来ること」

ですので、
細分化がさらに深くなれば活用の余地は十分あると私は考えています。


facebookをネットビジネスで活用しようか迷っているあなたへ

facebookをネットビジネスで活用しようか迷っているということは、
恐らくは今よりも集客率を上げたいという理由が大半であり、


つまりは、
ブログでの集客に満足していないという方が、
多い傾向にあるのだと思います。


私の経験上、
ブログ集客において思った以上の成果に繋がっていない方というのは、
根本的な部分を理解出来ていなかった方が多いですね。


そんなブログの集客に悩んでいるあなたへは、
こちらの記事が参考になるかと思いますので、
是非読んでみて下さい。


>「ブログを始めてぶち当たる壁」


今回は、
「Facebookの活用について」でした。


それではまた。


松下。


推奨商材

コピーライティング教材の虎の巻
「The Million Writing(ミリオンライティング)」


たった1つのスキルだけで5億を稼ぐ男のアフィリエイトコンサル企画
「Copyrighting Affiliate Program」


仕入れ資金ゼロ・専門知識ゼロ・人脈ゼロ・語学力ゼロ 「中古車輸出ビジネス」
「中古車輸出業の実務講座」

松下賢治へのお問合せ

・推奨商材の中身をもっと詳しく知りたい
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
”どんな些細な事”でも、
お気軽にお問合せ下さい。


松下へのお問合せはこちら。


松下流“無料”メールマガジン

私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
著作権ギリギリまで惜しみなくお送りするメールマガジンです。

松下流”無料メールマガジン”はこちら(170207)




コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人の画像

管理人:松下賢治

ホテルマンとして11年勤続。

責任者までいったが、将来性に疑問を感じ、自分一人の力だけで稼いでみたいと思い退職して、

ネットビジネスの世界へ参入。
今はアフィリエイトと不動産賃貸業で生活をしています

このページの先頭へ