中古車輸出転売は競合しないのか?

松下です。

前回は、「中古車輸出転売にはリスクがない理由」という講義でした。

今回は、
そもそも中古車輸出転売は競合しないのか?
というテーマでお話していきたいと思います。


中古車輸出転売市場はガラ空き状態!?

私のブログで中古車転売ビジネスに興味を持った方も少なくないと思いますが、
どうも参入には一歩踏み出せないという方も多いと思います。


その背景には、

「大手企業の参入などで競合しているではないか?」

という誤解が、
少なからずあるのではと思います。

「中古車輸出転売は競合しないのか?」

という疑問に対して、
結論を先に言ってしまえば、


「海外輸出転売の巨大市場はガラ空き状態」


と言えます。


「なぜ、海外輸出転売の市場はガラ空きなのに誰もやらないのか?」
「海外輸出転売は、儲からないからやらないじゃないのか?」



という声が聞こえてきそうですが、
この辺りについてご説明していきます。


中古車輸出転売の市場がガラ空きな理由

「自動車の市場」という名目でのお話なら、
TOYOTA・日産・ホンダなどの、
超大手企業が既に自動車市場を独占していますので、


一個人や中小企業が入り込む隙間などはほぼ無いというのが、
世間一般的な印象かと思います。


ただ、この入り込む隙間などはほぼ無いという印象は、
あくまでも自動車市場の中の、

「新車」の市場

の話であって、


決して「中古車市場」の話ではありません。


大手企業は、
大量生産によってコストを抑えた新車を
販売することによって、
莫大な利益を得ているわけですが、


これは、資金力のある大企業が、
大量生産をすることで、
もたらされるメリットと言えます。


ところが、
中古車輸出転売となると話が違ってくるのです。


資金力という名の武器が使えない市場!?

大企業は多額の資金を投じ量産した新車で、
莫大な利益を生んでいるというお話しをしました。


ところが、
中古車輸出ではこの「資金力の強み」を上手く生かすことが出来ない
のが実情なのです。


その理由としては、

大量仕入れしても旨味が無い

これが一番の理由かと思います。


中古車輸出転売はスキマ産業!?


よくスキマ産業って名前を聞きますよね?

スキマ産業とは、
大企業が参入しても旨味が無いコアな市場において展開するビジネスの事なのですが、


要するに、
ニッチな市場は分母は小さいが、
間違いなくターゲットいるので、
そんなニッチなターゲット対してビジネスを展開する
のが、
スキマ産業です。


以前に、
電化製品のオーダーメイドを請け負っている会社があるというのを、
TVで見たことがありますが、


これが良い例で、
これを大手企業がやるとなると、
大量の同一部品を仕入れて大量生産するという、
従来のやり方が出来ないため、


生産コストを下げることが出来ず、
採算が取れないわけです。


つまり、
オーダーメイドでは同一部品の使い回しが出来ない事が多いため、
大量仕入れによって生産コストを下げ利益を生み出す大企業にとって旨味が無かったわけです。



ところが、
3~4人の小さい会社であれば、
それでも十分利益を出すことが可能なので、
大企業の参入が無く稼げているということなのです。


中古車輸出転売は、
これと似たような現象が起きていて、


海外バイヤーの要望を1つ1つを聞いて、
中古車輸出転売をしても、


車種や年式、色や予算が毎回違う事があるわけですから、
「中古車の大量仕入れ」をやる意味が無く
強みである資金力を生かすことが出来ないので、
これが大企業が中古車輸出転売をやらない理由といえるわけです。


ですので、
中古車輸出転売の市場は、
個人や小さな会社しか参入していないスキマ産業と言えますが、


分母が小さいどころか、
日本車の転売で稼ぎたいという海外バイヤーの方が、
圧倒的に多いため、


「海外輸出転売の巨大市場はガラ空き状態」


となるわけです。


興味が沸いてきたのであれば、
是非こちらも読んでみて下さい。


仕入れ資金ゼロ・専門知識ゼロ・人脈ゼロ・語学力ゼロ で出来る
「中古車輸出業の実務講座」


今回は、
「中古車輸出転売は競合しないのか?」というテーマの講義でした。


それではまた。


松下。


推奨商材

コピーライティング教材の虎の巻
「The Million Writing(ミリオンライティング)」


たった1つのスキルだけで5億を稼ぐ男のアフィリエイトコンサル企画
「Copyrighting Affiliate Program」


仕入れ資金ゼロ・専門知識ゼロ・人脈ゼロ・語学力ゼロ 「中古車輸出ビジネス」
「中古車輸出業の実務講座」

松下賢治へのお問合せ

・推奨商材の中身をもっと詳しく知りたい
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
”どんな些細な事”でも、
お気軽にお問合せ下さい。


松下へのお問合せはこちら。


松下流“無料”メールマガジン

私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
著作権ギリギリまで惜しみなくお送りするメールマガジンです。

松下流”無料メールマガジン”はこちら(170117)












コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人の画像

管理人:松下賢治

ホテルマンとして11年勤続。

責任者までいったが、将来性に疑問を感じ、自分一人の力だけで稼いでみたいと思い退職して、

ネットビジネスの世界へ参入。
今はアフィリエイトと不動産賃貸業で生活をしています

このページの先頭へ