心理学講座「BEAF(ビーフ)の法則」とは?

松下です。


前回は、流行を作り出す「バンドワゴン効果」という講義でしたが、
読んで頂けたでしょうか?


今回の講義は、
「BEAF(ビーフ)の法則」です。


それでは早速いってみましょう。

「BEAF(ビーフ)の法則」とは?

「BEAF(ビーフ)の法則」とは、
購買意欲(訴求性)を掻き立てるのに、
特に効果のある4つの手法を、
法則としてまとめたものです。


「BEAFの法則」は、

Benefit(ベネフィット)
Evidence(エビデンス)
Advantage(アドバンテージ)
Feature(フィーチャー)



それぞれの頭文字をとって、
「BEAF(ビーフ)」というわけです。


では、
それぞれの意味を説明していきますね。


ベネフィットとは?
その商品あるいは、
サービスを購入する事で得られるメリットのことです。
ベネフィットを明確にすることにより、
購買意欲を掻き立てる効果が期待できます。
このベネフィットは、
より感覚的なイメージで表現することで、
あたかも購入した後の感覚を与える事が可能になります。


エビデンスとは?
第三者の評価・証拠・根拠・実績
という意味です。
情報商材のセールスレターでよく使われるのは、
「○○○さんからの推薦状」
「実践者の声」
「年収1億円のトップアフィリエイター○○○を唸らせた」
というような「権威」・「実績」を用いることが多いです。
これにより、
より信用度が増すという効果が期待できます。


アドバンテージとは?
他社には無い独自性(アイデンティティ)を、
打ち出すことにより、
より優位性を高める方法です。
アフィリエイターでは、
「特典」がこれにあたりますね。
例え同じ商品をアフィリエイトしていたとしても、
「特典」が魅力的であれば他者との差別化に繋がるというわけです。


フィーチャーとは?
いうなれば、特徴・スペックといったところで、価格もこれに当たります。
注目する部分・目玉という意味で受け取って頂いて問題ありません。


アフィリエイトにおいて有効な手法

これらの、

Benefit(ベネフィット)
Evidence(エビデンス)
Advantage(アドバンテージ)
Feature(フィーチャー)


はアフィリエイトにおいても、
有効な手法と言えます。


Benefit(ベネフィット)をイメージさせる文章を書くことで、
読者の潜在的な欲求を引き出し購買意欲を高め、


商品を購入した後に、
どんなメリットがあるのかを鮮明にイメージさせることにより、
高い確率で成約を取ることが可能になります。


つまり、
”商品を購入した後に得られるメリットを、より鮮明にイメージさせるコピー(文章)”
これが、成約率を高めるコツと言えるわけです。


さらに、
Advantage(アドバンテージ)があれば、
より訴求性があると言えますね。


Evidence(エビデンス)は、
興味・関心→共感・信用→行動
というプロセスの中の、
「信用」を得るために有効な手法と言えます。


信用を得るには理解が必要であり、
理解を得るには説得力が必要です。



権威や実績というものは、
そこに信憑性があればあるほど、
「説得力のある武器」に変わるものです。


Feature(フィーチャー)は、
その商品の目玉ですので、
コピー(文章)では大いにアピールをしてください。


総括

Benefit(ベネフィット)
購入後のメリット

Evidence(エビデンス)
実績・証拠・権威の言葉

Advantage(アドバンテージ)
特典・付加価値

Feature(フィーチャー)
目玉のアピール


是非これを参考にして、
取り入れてみて下さい。


これらのテクニックを取り入れた「文章スキル」を、
是非とも身に付けたいのであれば、
こちらの記事が参考になると思いますので、
是非読んで見て下さいね。


>「The Million Writing(ミリオンライティング)」 レビュー


それではまた。


松下。


推奨商材

コピーライティング教材の虎の巻
「The Million Writing(ミリオンライティング)」


たった1つのスキルで5億を稼ぐ男のアフィリエイトコンサル企画
「Copyrighting Affiliate Program」


松下賢治へのお問合せ

・推奨商材の中身をもっと詳しく知りたい
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
”どんな些細な事”でも、
お気軽にお問合せ下さい。


松下へのお問合せはこちら。


松下流“無料”メールマガジン

私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
著作権ギリギリまで惜しみなくお送りするメールマガジンです。

松下流”無料メールマガジン”はこちら(161026)



コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人の画像

管理人:松下賢治

ホテルマンとして11年勤続。

責任者までいったが、将来性に疑問を感じ、自分一人の力だけで稼いでみたいと思い退職して、

ネットビジネスの世界へ参入。
今はアフィリエイトと不動産賃貸業で生活をしています

このページの先頭へ