基本講座 「情報商材ビジネスは無くならないのか?」

松下です。

前回は、「あなたの記憶の優位感覚テスト」という内容でしたね。


今回は、
「情報商材ビジネスは無くならないのか?」
というテーマで行きたいと思います。


それでは早速いってみましょう。


情報商材は胡散臭いのになぜ無くならないのか?

情報商材と聞くと、
今でも胡散臭いというイメージを持つ方も、
少なくないと思いますが、、


いざ、その世界に踏み込んでみると、

「想像通りの世界」「想像とは違った世界」

があるかと思います。


少なくとも私にはありました。


「想像通りの世界」というのは、
情報弱者と言われている、
情報商材に対しての知識が全く無い人達を、
カモにしている詐欺まがいの世界であり、


「想像とは違った世界」というのは、
一握りの数ほどですが、
本物の稼げる情報を、
提供している人もいたということです。


情報商材ビジネスに対して、
拒否反応を起こしてしまう方がいるのは、


「想像通りの世界」が、
いまだに存在しているからであり、


情報商材市場の割合的にも、
詐欺まがいの商材が多く、


「情報商材」=「詐欺」

という先入観が埋め込まれているからだと思います。


でも、
そんな情報商材に拒否反応を示している方でも、

「情報」に対してお金を支払ったことがある

という経験が、
実はあったりします。


要するに、
同じ情報でも、

「身近な情報ビジネス」

に対しては、
それほど拒否反応を起こしていないというわけです。


ですが、
「身近な情報ビジネス」も、
「ネット上の情報ビジネス」も、
本質的には一緒だったりしますので、


これから話す内容を聞くと、
あなたも情報商材ビジネスは無くならない、
という根拠が分かってくると思います。


身近にある情報ビジネス

身近にある情報ビジネスとして、
「塾」や「家庭教師」は、
その典型的な例と言えます。


塾・家庭教師というのは、
いわゆる、「知識という名の情報」を与えて、
お金という代価を得ていますので、
列記とした情報ビジネスです。


それから、
講演家のセミナーなんかは、
もろ情報ビジネスですね。


講演家のセミナーは、
その話を聞くためだけに、
お金を支払うわけですから、


姿形の無いものに対してお金を支払う、
情報ビジネスとなるわけです。


これらの「情報を与える仕事」は、
いずれも「知識」や「体験」を提供して、
その代価としてお金を頂くということですが、


今の日本で「義務教育制度」がある限り、
学校はなくなりませんし、


学校がある限り、
塾や家庭教師は無くならないと言えると思います。


それと同じく、
この世界にどんな分野であれ、
仕事がある限り、


その仕事のノウハウや、
知識を学びたいという人は必ず存在しますので、


「知りたいという要求・欲望・願望」がある限り、
セミナーや講演会というビジネスも、
無くならないと思います。


美容師やエステティシャンという技術職でも、
講習会というものがありますので、
そこでも「情報」がビジネスとなっていますからね。


では、
なぜ「情報」には、
こうも需要があるのか、
さらに掘り下げて根本的なお話をしていきたいと思います。


情報にはなぜ需要があるのか?

情報を欲する時というのは、
悩み・願望がある時だと言えます。


例えばネットで、

「ダイエット サプリ」

と検索している人は、
ダイエット出来るサプリメントを欲しているということですので、


「太っている」という”悩み”と、
「痩せたい」という”願望”があるわけです。


要するに情報ビジネスというのは、
人間の「悩み・願望」がある限り、
なくならないということです。



情報商材の将来

人間に「悩み・願望」が有る限り、
それらを解消できる術を人間が探す限り、


この世界から、
「情報」というモノは無くなりません。


・今の生活が辛い(悩み)
・お金を稼ぎたい(願望)


という、
人間が生きている限り必ずある欲求、


これを、アメリカの心理学者
アブハム・マズローの
「マズロー5段階欲求」に当てはめると、


生理的欲求

安全欲求

社会的欲求

尊厳欲求

自己実現欲求


これらの安全欲求や、社会的欲求に、
当てはまると言えます。


これらの欲求は、
人間の潜在的な部分に必ずある欲求ですので、
この「マズロー5段階欲求」に当てはまるものは、
未来永劫無くならないはずです。


少なくとも、
私はそう考えています。


ですので、
情報商材ビジネスは無くなりませんか?
という問いかけには、

「情報商材ビジネスは無くならない」

という結論に達するというわけですね。


もしもあなたが少しでも情報商材ビジネスに興味をもったのであれば、こちらの記事も読んでみて下さい。


あなたに合ったビジネスがきっと見つかるはずですので。


あなたに合っているビジネスとは?


今回は、
「情報商材ビジネスは無くならないのか?」
というテーマの講義でした。


それではまた。


松下。


推奨商材

コピーライティング教材の虎の巻
「The Million Writing(ミリオンライティング)」


たった1つのスキルだけで5億を稼ぐ男のアフィリエイトコンサル企画
「Copyrighting Affiliate Program」


松下賢治へのお問合せ

・推奨商材の中身をもっと詳しく知りたい
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
”どんな些細な事”でも、
お気軽にお問合せ下さい。


松下へのお問合せはこちら。


松下流“無料”メールマガジン

私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
著作権ギリギリまで惜しみなくお送りするメールマガジンです。

松下流”無料メールマガジン”はこちら(160711)


コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人の画像

管理人:松下賢治

ホテルマンとして11年勤続。

責任者までいったが、将来性に疑問を感じ、自分一人の力だけで稼いでみたいと思い退職して、

ネットビジネスの世界へ参入。
今はアフィリエイトと不動産賃貸業で生活をしています

このページの先頭へ