コピーライティング講座 「流行り言葉」は使うべきか?

松下です。

前回の「天気予報士」から学ぶコピーライティング講座」読んで頂けましたか?


今回は、セールスレターやブログで時折見かける、
「流行り言葉」についての講義です。


それでは早速いってみましょう。


「流行り言葉」は使うべきか?

私は、コピーライティングを主体とした、
情報商材アフィリエイトのブログを運営しているわけですが、


情報商材アフィリエイトでのブログ記事は、
その商材がプローモーションに掛けられる度に、
何度でも集客をする記事となります。


これは、
「トレンドアフィリエイト」の使い捨てになる記事と違って、


書けば書くほど蓄積された記事が自動的に集客をしてくれる
というわけですね。


詳しいお話しは、
こちらの記事が参考になります。
>「何故、情報商材アフィリエイトは効率が良いと言えるのか?‏」


そんな情報商材アフィリエイトは、
数年前に書いた記事からも集客をするわけですから、


その事も考えた上で、
記事を書いていくことになります。


そんな記事の中に、
「流行り言葉」があったとしたなら、、、


例えば、林修先生の「今でしょ!」
なんかを、記事に使ってしまったら、


今見返すと、
「なんか記事が古臭いな」という
印象を持たれてしまうと思います。


ただでさえ、
読み手にストレスを与えないように書かなければならないのに、


「流行り言葉」を使ってしまったがために、
読み手にとって、
今の時代とは、そぐわない印象を与えてしまうわけですので、


そんな、
「古臭さ」を感じさせるような記事にするべきではありません。


”情報商材アフィリエイトのレビュー記事は、何年にも渡り”集客し続ける”記事”

ですので、


いつの時代に読まれても良いように、
そんな意識を持って、書いていかなければ
ならないというわけです。


「ストレスを与えない文章」とは?

ストレスを与えない文章とは?
と聞かれると、
考え込んでしまうかも知れませんが、


では、
逆にストレスを与える文書とは何か?


という問いには、
何となくイメージが沸くかと思います。


ストレスを与える文書とは、
あなたにとって読みづらい文章である、


あるいは、
読んでいて違和感のある文章のことです。


冒頭でお話しした、
「流行り言葉」も時が経てば
「古臭さ」を感じてしまい、
結果、違和感を覚えてしまうわけです。


ですので、
文章を書く際は読みづらくなく、
尚且つ、違和感の無いようにしなければ、


成約はもとより、
信用も取れない文章になってしまうわけです。



ですので、
アフィリエイトにおいて「コピーライティング」の原理原則は重要なのですね。


そして、そんな「コピーライティング」の原理原則を、
最短・最速で学ぶことが出来るのが、


コピーライティング教材の虎の巻
「The Million Writing(ミリオンライティング)」
なのです。


ブログ記事で集客をしていく以上、
「コピーライティング」は避けては通れないスキルですし、
避けてはいけないと思っています。


ですので、
アフィリエイトで本気で月収100万円・1000万円のステージを目指すのであれば、
まずは、「The Million Writing(ミリオンライティング)」
「コピーライティング」を身に付けることが最重要課題となるわけです。


今回は、
「流行り言葉」は使うべきか?
という講義でした。


それではまた。


松下。


推奨商材

コピーライティング教材の虎の巻
「The Million Writing(ミリオンライティング)」


たった1つのスキルだけで5億を稼ぐ男のアフィリエイトコンサル企画
「Copyrighting Affiliate Program」


松下賢治へのお問合せ

・推奨商材の中身をもっと詳しく知りたい
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
”どんな些細な事”でも、
お気軽にお問合せ下さい。


松下へのお問合せはこちら。


松下流“無料”メールマガジン

私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
著作権ギリギリまで惜しみなくお送りするメールマガジンです。

松下流”無料メールマガジン”はこちら(160621)



>コピーライティング講座一覧へ戻る



コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人の画像

管理人:松下賢治

ホテルマンとして11年勤続。

責任者までいったが、将来性に疑問を感じ、自分一人の力だけで稼いでみたいと思い退職して、

ネットビジネスの世界へ参入。
今はアフィリエイトと不動産賃貸業で生活をしています

このページの先頭へ