基本講座 web広告「PPC・YDN・GDN」とは?

松下です。

前回は、「集客をしていくタイミング」の講座でしたので、


今回は、集客のタイミングが来たと仮定して、
広告配信(インターネットWEB広告)について
フォーカスしたいと思います。


「インターネット広告」で行う集客方法



まず、インターネット広告を大きく分けると、
「リスティング広告(検索連動型広告)」と
「ディスプレイ広告(各社提携サイト配信型広告)」があります。


代表的なものをあげると、
リスティング広告のYahooスポンサードサーチ、Google AdWords(アドワーズ)
ディスプレイ広告のYDN(Yahoo)、GDN(Google)等です。


PPC広告とリスティング広告は別物。



ちなみに、「リスティング広告」の事を
「PPC広告」と呼んでいる方もいますが、厳密には違います。


PPC(Pay Per Click ペイパークリック)とは、
掲載自体にはコストが掛からず、
広告がクリックされた回数分だけ費用が発生する、
クリック課金型広告の事を「PPC」といいます。


つまり、PPCは課金方法の名称だということです。
PPC広告と呼ばれるものは、クリック課金型の
広告全般の事をいいます。



リスティング広告 = PPC

リスティング広告は、クリック課金型である。
となりますが、


PPC ≠ リスティング広告

クリック課金型は、リスティング広告である。
とはなりません。


日本語がおかしくなりますよね?


「PPC」と「リスティング広告」、
間違って覚えないで下さい。


「リスティング広告」と「ディスプレイ広告」



話を戻しまして、
「リスティング広告(検索連動型広告)」
「ディスプレイ広告(各社提携サイト配信型広告)」とそれぞれ説明していきます。


リスティング広告(検索連動型広告)とは
検索した後の検索結果のウェブページに掲載される
「テキスト広告」の事です。


例えば、検索エンジンで「アフィリエイト」と検索したら、
検索結果ページの上位や右側に
アフィリエイト関連の広告が掲載されます。


あれが、リスティング広告です。


特徴としては、
特定のキーワードに対して、関連性の高い広告を検索結果ページに配信します。
そして何より、検索結果ページに配信するので「即効性」があります。


ただ、検索結果ページにしか配信しないため、
当然ですが検索をしたユーザーにしか広告を配信しません。


リスティング広告とは要するに、
GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果ページに、
検索されたキーワードで上位表示させる広告というわけです。

日本では主に、こちらの2つが有名です。

Yahooスポンサードサーチ 

Google AdWords(アドワーズ)


違いをあげるとすれば、


「Yahooスポンサードサーチ」は、
日本国内にのみ広告掲載。


「Google AdWords(アドワーズ)」は、
海外にも広告掲載できます。


対して


ディスプレイ広告とは
各社で提携している「パートナーサイト」へ広告を配信するサービスです。
したがって、YahooとGoogleでは必然的に効果が違う事になります。


「ディスプレイ広告」 YDN と GDNとは?

では次に、YDN(Yahoo)とGDN(Google)の違いを
簡単にご説明します。


YDNとは、
Yahooディスプレイアドネットワークの略称で
YahooJAPANと提携サイトのウェブサイトに掲載される
「ディスプレイ広告」の事をいいます。

例えば、Yahoo ニュースを見ていると、
過去に自分が検索した内容に関連する広告や、
自分に興味ありそうな物が表示されますよね?


あれが、YDNです。


Yahooの提携パートナーサイトは、
  • allabout
  • NAVER
  • So-net
  • COOKPAD
等があります。



特徴としては、

  • 登録キーワードで検索したことのあるユーザーに配信します。
  • ユーザーの属性・地域を絞って広告を配信します。
  • 一度サイトに訪れたユーザーに対してさまざまな条件をつけて広告を配信します。


そして、
GDNとは
Googleディスプレイネットワークの略称で、
YDNのGoogle版のようなものです。


違いをあげるとすれば、広告掲載サイトが
YDNの場合は、Yahoo関連サイトが中心に対して、
GDNの場合は、ポータルサイトやブログサイトが中心です。


広告掲載サイトは下記等があります。

GDNの提携パートナーサイトは、
  • Youtube
  • FC2
  • Livedoor
  • アメーバブログ
  • 食べログ

等です。


特徴としては
  • 広告を配信したいサイトを指定することができます。
  • YDNがすべての広告を均等に配信していくのに対し、
     GDNは、配信オプションがあり「集中化」と「標準」があります。


「集中化」は予算の上限に達するまで、高い頻度で配信していきます。


「標準」はYDNと同じように、1日を通して均等に配信していきます。


広告費を掛けるビジネスとは?

広告費を掛けるビジネスで有名なのは、
「PPCアフィリエイト」かと思います。


インフォトップなどでも、
たびたび「PPCアフィリエイト押し」の商材が出てくるわけですが、


私としては、
「PPCアフィリエイト」はお勧めしていません。


なぜなら、
広告費という初期投資が掛かるので、
初心者向きとは言えないからです。


ですので、
私は「情報商材アフィリエイト」をやっているわけですが、


その辺のお話しについては、
こちらの記事が参考になりますので、
是非読んでみて下さい。



>「何故、情報商材アフィリエイトは効率が良いと言えるのか?‏」



それではまた。


松下。



推奨商材

コピーライティング教材の虎の巻
「The Million Writing(ミリオンライティング)」


たった1つのスキルだけで5億を稼ぐ男のアフィリエイトコンサル企画
「Copyrighting Affiliate Program」


松下賢治へのお問合せ

・推奨商材の中身をもっと詳しく知りたい
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
”どんな些細な事”でも、
お気軽にお問合せ下さい。


松下へのお問合せはこちら。


松下流“無料”メールマガジン

私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
著作権ギリギリまで惜しみなくお送りするメールマガジンです。

松下流”無料メールマガジン”はこちら(160313)


















コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人の画像

管理人:松下賢治

ホテルマンとして11年勤続。

責任者までいったが、将来性に疑問を感じ、自分一人の力だけで稼いでみたいと思い退職して、

ネットビジネスの世界へ参入。
今はアフィリエイトと不動産賃貸業で生活をしています

このページの先頭へ