基本講座  あなたの記憶の優位感覚テスト 「視覚派?」 「聴覚派?」 「体感覚派?」

松下です。


今回は、記憶の優位感覚テストという
少し変わった記事となりますので、


興味の無い方は、
スルーして頂いて構いません。


あなたの優位感覚は何派なのか?

ここ最近、動画コンテンツの商材が、非常に多くなってきておりますが、
私の個人的な意見としては、


動画コンテンツよりも、
テキスト教材の方が学び易いと思っています。


販売者側が、動画コンテンツで済ませてしまっているというのは、
私にとっては、”手抜き感”が否めないわけです。


例えば、セミナー風景を編集した動画や、
録音した音声動画など、


学ぶ側からしてみれば、
見たり、聞いたりするだけで、


その場では、頭に入るかも知れませんが、
いざ、復習しようとした時、


動画や音声の場合ですと、
どのあたりに、自分が知りたい情報があるのかを探すのに、
とても手間になります。


その点、テキストならば、
自分にとって必要だと思った箇所は、
印を付けるなどして、


何度でも、必要な時に、
復習することが可能です。


事実、私も「The Million Writing(ミリオンライティング)」を、
そのような方法で、活用しています。


「The Million Writing(ミリオンライティング)」は、
PDF(PCや、スマホ上で、閲覧できるテキスト)ですので、


もう一度、確認したい場合は、
「Ctrl + F」で、キーワードを打ち込んで調べたり出来ますし、


それに、プリントアウトしてファイリングしてしまえば、
どこにでも持ち歩けますし、便利だと思います。


学校でも、教科書を見ながら授業をするわけですから、
やはり、視覚からの情報というは優位性があるのだと思います


ですが、それが単なる私だけの意見なのか、
もしかしたら、
動画コンテンツの方が、
相性が良いという方も、いらっしゃるかも知れない。


そんなことを思いましたので、
今回こんなをテストをご用意しました。


あなたの記憶は「視覚派?」「聴覚派?」「体感覚派?」判定テスト

あなたの場合は、どの感覚で覚えた記憶が、
一番頭に残りやすいのかが分かるテストです。


診断方法はたくさんありますが、
今回は簡単なものを紹介します。


メモと筆記用具を用意して、
是非やってみてくださいね。


質問1:この中でよく使う言葉はどれですか?
1:「はっきりしてる」
2:「自分はこう思う」
3:「これは気になる」


質問2:会話するときどんな動きをよくしますか?
1:「手をよく動かす」
2:「手が口元にいく」
3:「体をよく動かす」


質問3:会話するときどこをよく見ますか?
1:「上を見がち」
2:「きょろきょろしがち」
3:「下を見がち」


質問4:どの状況が一番苦手ですか?
1:目がチカチカするような場所(例:ゲームセンター)
2:ざわざわとうるさい場所(例:ファミレス)
3:通勤ラッシュで混み合った電車内


質問5:学校の授業はどんな授業が好きでしたか?
1:教科書や黒板を見る
2:先生の話を聞く
3:黒板を書き写す


質問6:海と聞いて思い浮かべるのは?
1:海岸から海を眺めている様子
2:波の音やカモメが鳴く声
3:海を泳いでいる様子


質問7:次の中で好きなことは?
1:映像を見ること!
2:音を聞くこと!
3:体を動かすこと!


( 引用元 VAKタイプ診断方法1)



1が多かった人は「視覚優位タイプ」

2が多かった人は「聴覚優位タイプ」

3が多かった人は「体感覚優位タイプ」の傾向が強いそうです。



私は当然ですが、「1」が最も多かったので、
少なくとも、当たっている気がしました。


あなたの結果はどうでしたか?
テスト結果をメールで頂けると、
とてもうれしいですね!


この結果を元に、やり方を変えていけば、
もしかしたら今よりも、
作業効率が良くなるかも知れませんね。


もしもあなたが私と同じタイプなら、
こちらの記事が参考になると思います。


>「マザー・テレサ」から学ぶコピーライティング講座


それではまた。


松下。


推奨商材

コピーライティング教材の虎の巻
「The Million Writing(ミリオンライティング)」


たった1つのスキルだけで5億を稼ぐ男のアフィリエイトコンサル企画
「Copyrighting Affiliate Program」


松下賢治へのお問合せ

・推奨商材の中身をもっと詳しく知りたい
・アフィリエイトの始め方
・私が徹底してやった事とは?

など


私に聞きたい事があれば、
”どんな些細な事”でも、
お気軽にお問合せ下さい。


松下へのお問合せはこちら。


松下流“無料”メールマガジン

私がコピーライティング・アフィリエイトなどの、
ネットビジネスを学ぶために、
過去に掛けてきた金額、

実に「160万円」

そこで培ってきた情報を、
著作権ギリギリまで惜しみなくお送りするメールマガジンです。

松下流”無料メールマガジン”はこちら(160302)









コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人の画像

管理人:松下賢治

ホテルマンとして11年勤続。

責任者までいったが、将来性に疑問を感じ、自分一人の力だけで稼いでみたいと思い退職して、

ネットビジネスの世界へ参入。
今はアフィリエイトと不動産賃貸業で生活をしています

このページの先頭へ